出来ないを出来るに。

 

”ほらこんなことができるすごいでしょ?”ということを言いたいのではなく、”できないことができるようになっている”ということをとにかく伝えたいのです。

今自分がいる立ち位置は人それぞれで、今できることできないことがあるのは当然です。

野球含め、どんな世界のどのカテゴリーにおいても競争がもちろんあって、隣の人間よりも優れていなければ試合に出ることはできません。

でも”今”優れていなくても、1ヶ月後逆転するチャンスは誰にでもあります。

それは”できないことをできるようにする”の繰り返しでしかないと思っています。

”できないことができるようになる”その先には自分が今まで感じたことのない、見たことのない感覚があることをこれまで肌で感じて来たので、歩みは遅くともなんとか続けることができて、そして今に至っています。

できないことがあってもいくらでも逃げることはできるのですが、”できないができる”になった時の喜びを感じてしまうと、もう少し頑張ろうと思えるのです。

野球という世界からもし離れることがあっても、この感覚は僕に一生残り続けるもので、”できないことをできるようにする”の先にある喜びのために、なんでもできる気がしています。

そんなことを僕が関わる子供達には感じてほしいなと最近は思っています。

できないことがあったら喜ばしいことだと。

それを乗り越えた先の喜びをその分たくさん感じることができるのだからと。

僕もまだまだできないことだらけですが、日々”できないをできるに”をテーマに、ますます頑張ろうと思う日々です。

それでは。

アメリカンベースボールスクール横浜、開幕!

先日3年目の”アメリカンベースボールスクール横浜”が始まりました。

開催直前で球場が変更になるなど、参加いただいた方にご迷惑をおかけした点もありましたが、始まってみれば過去最多の子供達が、元気にグラウンドを駆け回る姿がとても印象的でした。

1年目からこのスクールに携わらせていただいて、初日の選手たちのクオリティが毎年上がっていることに驚かせれます。
それは技術的なクオリティではなく、それぞれの選手が試合を”楽しもう””自ら進めていこう”という意思が見られるという点です。
半数ほどはこのスクールに初めて参加する子どもたちですが、過去に参加したことある子供達が積極的に試合の流れを作り、それに乗る形で他の子供達も試合を楽しんでいる様子でした。

毎年のことながら、子供達の適応能力はすごいな、と感心します。

残り4試合、子供達が目の前でどんなプレーを見せてくれるのか、今から楽しみでなりません。

またここでもご紹介します。
それでは。

 

IMG_6806.jpg

ベーブ・ルース博物館

そういえば、日本へ戻ってくる前にベーブルース博物館へ行ってきた時の話。

アメリカのシーズンが終了してから帰国まではなかなかバタバタとした日程で、シーズン終了した日の夜はクラブハウスに泊まって、翌日朝には空港のあるボルチモアという街に移動。その翌日の朝3時には空港にいなければいけなかったため、ボルチモアの安モーテルに1泊。
モーテルにチェックインした後は唯一時間ができたので、せっかくなので街に繰り出してきました。

向かった先がベーブルース博物館。(ベーブルースをご存じない方はこちらで→https://ja.wikipedia.org/wiki/ベーブ・ルース)

ベーブルースはボルチモア生まれ。ヤンキースのイメージが強いですが、契約のきっかけとなったのは地元ボルチモア・オリオールズのようです。

博物館という名前ではあるものの、ベーブルースが生まれた家をそのまま使用しているようで、とてもこじんまりとしています。でもそれがまた良くて、一つ一つの展示物、エピソード全てに目を通すことができました。

ハリケーンの影響で大雨に打たれた時間帯もありましたが・・・笑 時間をかけて街に出た甲斐がありました。

今とは様々なことが変化して、単純に現代の選手や成績と比較するのは難しいですが、ベーブ・ルースが残してきた功績は言うまでもありません。

こんなところでも、行って見て肌で感じることの大切さを感じるところです。

スキルアップスクール

先日(株)BMI主催のスキルアップスクールに講師として参加をさせていただきました。参加したのは小学生の部6名、中学生の部7名。

スクールという形は初めてで、これから3ヶ月後に彼らがどうなっていくのか、大変楽しみな1回目となりました。
特に面白かったのは中学生の部で、年を重ねると段々と自分がやってきた事に自信も出てくるのか、新しいことを受け入れる事のハードルが上がっているように見えました。これは年齢が上がれば上がるほどそうなのかもしれません。彼らにとってそこの壁をこの年代で壊せるかどうかが、これから野球選手として(人として)成長し続けられるかどうかの境目なのかもしれません。得てして今の自分の当たり前を壊した先にしか大きな成長はないと思っています。

そんなことも含めて様々なことを子供達に伝えられるスクールにしたいと思います。

講師には今年アメリカメジャーリーグ、ミネソタ・ツインズ傘下のマイナーリーグ、エリザベストン・ツインズでコーチを務めた三好貴士さんも参加をしています。(https://ja.wikipedia.org/wiki/三好貴士
これから何億何十億稼ぐかもしれないメジャーリーガーの卵たちと直で触れ合ってきたコーチングは、言葉に熱がこもっています。僕自身も改めて刺さる言葉の連続でした。

スクールの途中からの参加も可能なようなので、もし興味ある方は僕にご連絡いただくか、直接(株)BMIのメールアドレスまでご連絡ください!(bmi2006@live.jp)

それでは。

42926026_1895150580521672_8061365894732840960_n42977306_1895150093855054_1090445935361654784_n

ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・
安田裕希のパーソナルサポートレスン・
チームサポートレッスンのお問い合わせは下記まで↓
yukiyasuda08@gmail.com
https://yukiyasuda08.com/contact/
レッスン詳細↓
https://yukiyasuda08.com/lesson/
ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー
YukiYasudaSupportersclubの情報はこちら!
現在152名の方に支援いただいています!
https://yukiyasuda08.com/supporters-club/
ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー
(C) yukiyasuda08.com All rights reserved.

シーズン終了

9月16日をもってアトランティックリーグのシーズンも終了し、これをもって2018年のアメリカでのシーズンが全て終了しました。

9月に入って移籍してからの2週間は本当にあっという間でしたが、1つ1つの瞬間を思い返そうと思えば、リアルな映像が頭に浮かびます。移籍をした後の2週間は本当に刺激的で、僕にとって忘れられない出来事になりそうです。

ただ、最終的にはアトランティックリーグでは満足のいく結果を残すことはできませんでした。前回のブログでも触れたように、レベルが高いのはわかっていて、それに適応するために日々様々なものを積み上げて来たつもりでしたが、まだまだ足りなかったです。
このリーグでプレーするまでは、このリーグの中に入れさえすればある程度のプレーができる自信がありました。周りの選手に比べて打つ投げるなどで特筆した能力があるわけではないですが、それでも適応できる自信がありました。ただ入るきっかけが中々掴めないだけで、入れさえすればやれる。そう思って、今回はようやく手に入れたチャンスで。幸先よく1試合目にヒットも放って、本当にやれるぞと。
でもプレーを続ける中で自分のイメージしている結果と、起こる結果にギャップが出て来ました。
イメージではタイミング的にもポイント的にもヒットになるはずの打球がヒットゾーンに飛ばない。守っていても、打者が振り出したタイミングとピッチャーの球種コースで大体この辺りにこんな打球が来るだろうというイメージが、当たらない。
もう少し長いシーズンでプレーできれば・・・と思ったこともありましたが、でもこの少ないサンプル数の中で適応できなかったのが今の自分の実力です。

でも”イメージ”はできているんです。上手くいくイメージが。それが僕にとっては大きな収穫でもあります。イメージはできているのに、それ通りにいかない。それには原因があって、そこを修正さえすればイメージ通りにいくはずなんです。

だから完全にやられましたが、すごく悔しいんです。やれるイメージなのにやれなかったから。
でも毎日が本当に楽しかったです。これができるようになれば、ここまで自分ができるというイメージが明確に持てるようになったから。
いつも少し背伸びしたところに身を置きたいと思って、それはこういうことが起きるからなんです。

こうして文章で綴っているとまた球場での興奮が湧いて来ます。読んでいただいている皆様とは温度差があるかもしれません。笑

目に見える結果が出せなかったので、来年以降がどうなるのかはまだわかりません。どうなるかはわかりませんが、これからもまだまだ進み続けたいと思います。

また何か決まりましたらこちらでご報告いたします。

まずはシーズン終了のご報告まで。

引き続き何卒よろしくお願いいたします!

2018 S.Maryland_180921_00232018 S.Maryland_180921_00272018 S.Maryland_180921_0036IMG_6050

体感すること

メリーランドに来て約1週間が経ちました。

来てすぐに遠征遠征でドタバタとしており、ほとんど毎日が雨でスケジュールがイレギュラーということもあってか、いつも以上に日々時間があっという間に過ぎていきます。

僕はこれまで4シーズンパシフィックアソシエーションリーグというリーグでプレーをして来たわけですが、ある意味では久しぶりに”新しい地”でプレーをさせていただいています。

アトランティックリーグがどんなリーグなのか、いつもイメージをしていたつもりでいたし、どんな選手がいるのか、どのくらいの数字を残せば生き残れるのか、生き残っている選手のバックグラウンドは何か。いつか来るであろうこの日のために、自分なりにリサーチと準備をして来ました。

実際この1週間このリーグでプレーをして、今まで自分がして来たイメージは大きく間違っていなかったと思えた反面、実際にプレーをして、”小さな違い”の大きさを強く強く感じています。
ピッチャーのスピードも速い、打者のスイングのレベルも高い、これは想定の範囲内です。メジャーリーグで何億と稼いだ選手がチームに複数人いて、そこにあと一歩で手の届かなかった3A、2Aでプレーした選手たちがゴロゴロいるわけですから。
とはいっても当然170キロのボールを投げるピッチャーがいるわけでも、200メートルのホームランを打つ選手がいるわけでもありません。
ただ小さくても明確な”違い”がここにはあります。具体的に感じた”違い”をあげればキリがないですが、このレベルの投手と対戦できたこと、打球を受けられたことは僕にとって大きな財産になっていることは間違いありません。

最近ではSNSやインターネットでたくさん情報を仕入れることができて、僕自身それを読んで勉強になることがたくさんあります。でも結局それは薄まった状態で。どんなに素晴らしい知識をいれても、実際の目で見て肌で感じた”違い”を感じることができなければ、それをいい形でアウトプットすることは難しいような気がしています。これは常々感じていたことですが、また新しい地に来てより一層強く感じています。

ある意味ここには僕より能力がある選手しかいません。でもこの少しのズレに適応さえできれば絶対にやれる。その手応えも感じています。

2012年に初めてアメリカに来た日のことを思い出します。それほど毎日が刺激的でドキドキとワクワクが止まりません。
まだまだこれからです。

またご報告します!

サザンメリーランド・ブルークラブスへ移籍

前回のブログの後、アメリカプロ野球独立リーグ、アトランティックリーグのサザンメリーランド・ブルークラブスへの移籍が決まり、昨日試合に出場しました!

アトランティックリーグはアメリカ独立リーグの中では最高峰のリーグであり、ほとんどがメジャーリーグや3A、2Aでプレーをした選手たちで形成されており、年間140試合を戦います。

かつては日本のプロ野球でも活躍をした仁志敏久選手や、渡辺俊介選手、大家友和選手などもプレーをし、今年は千葉ロッテやベイスターズなどで活躍した久保康友選手もプレーをしています。

バスの移動時間や乗り継ぎなどの時間を含めるとサンフランシスコから12時間移動しっぱなしで目当ての球場に到着し、30分ほどでジャージに着替えてチームの練習に合流。そのままユニフォームを支給されて試合のベンチ入り。
その翌日はアウェーゲームのため朝からバスに乗り込み試合、そしてその翌日はダブルヘッダー。

サンフランシスコの移動から気の休まる時間のほとんどないまま現在に至っています。

今日もダブルヘッダーの予定でしたが、天気が悪く現在はホテルで待機中です。

残り少ないシーズンですが、最後までこのグラウンドに立てることを嬉しく思っています。目の前で起こる出来事全てを目に焼き付けて、そして自分がここにいるという爪痕を残して日本へ戻りたいと思っています。

もちろんここがゴールではありませんが、まずはこうしてまた1つ自分が今まで行くことのできなかったステップへ行くことができました。
動き出すしかないのです。今回の移籍も、実は移籍が決まる前から飛行機のチケットは取っていました。移籍が決まる前というか、誰にも連絡する前からチケットは取っていました。笑
このあたりの経緯もまた皆様にお伝えする機会があったら嬉しいなと思います。

それでは少し遅くなりましたが移籍のご報告まで。

引き続き何卒よろしくお願いします!

 

IMG_5897IMG_5956IMG_5957

ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・
安田裕希のパーソナルサポートレスン・
チームサポートレッスンのお問い合わせは下記まで↓
yukiyasuda08@gmail.com
https://yukiyasuda08.com/contact/
レッスン詳細↓
https://yukiyasuda08.com/lesson/
ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー
YukiYasudaSupportersclubの情報はこちら!
現在152名の方に支援いただいています!
https://yukiyasuda08.com/supporters-club/
ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー
(C) yukiyasuda08.com All rights reserved.

シーズン終了&1,000打席

先日行われたプレーオフのセミファイナルで、所属するピッツバーグダイヤモンズは5−0で敗戦し、今シーズンの全日程が終了しました。
チームは8月に入ってから好調を維持し続けていましたが、主力選手の怪我もありプレーオフを目前に大失速。プレーオフも中々波に乗れず上に書いたような結果に終わってしまいました。

何度かこちらでもご紹介しましたが、下記サイトから今シーズンの僕の結果を見ることができます。
http://pointstreak.com/baseball/player.html?playerid=1273548&seasonid=31580

数字以上に学ぶことの多かったシーズンにできたことは間違い無いと思っていますが、シーズンが終わった瞬間に僕が評価されるのは基本的にはこの”数字”になります。

数字だけでは測れないことがもちろんありますが、数字は嘘をつかないという側面ももちろんあります。

シーズン中からいつもこの数字との戦いもあって、最終的に残るのはこれです。そうやって見るとまだまだ満足いく数字ではありません。もっともっとできたことがあったのではという後悔もあります。でもそれを一つ一つ潰していけばまたひとつステージを上げることができるという思考で、また自分自身を高める糧にしたいとも思います。

そしてもう一つ数字に絡めて、今年でアメリカでの打席数が1,000を超すことができました。少しづつ時間をかけてではありましたが、これだけの数字を積み重ねることができました。これまで様々なことがありましたが、クラウドファンディングや、オリジナルグッズの販売などで支援してくださった方はじめ、こちらのページを見てくださっている方々のご協力や後押しもあり、このように毎年毎年少しづつ数字を積み重ねることができました。

https://www.baseball-reference.com/register/player.fcgi?id=yasuda000yuk

こちらのサイトが僕の過去の数字を全てまとめたもので、9月3日現在ではまだ2018年度の分が更新されていませんが、昨年までの924打席に加え、今年の234打席を足して合計1,158回打席に立ったことになります。

アメリカでこれだけの回数を重ねてきたからこそわかったことも多くありましたし、その経験をたくさん積めたことが僕の大きな財産であり、武器だと思っています。
これからもさらにそれを積み重ねていきたいと思っています。

毎年のことですが、終わってみれば本当にシーズンはあっという間で、スプリングトレーニング初日が昨日のことのように鮮明に思い出されます。

早速ではありますが次のステージに向けて、少し動き出そうと思います。少しだけアメリカに滞在して日本へ戻ります。
また日本に戻った際は何卒よろしくお願いいたします!

それでは。

40586930_10218047759212700_6999915661543604224_nIMG_5834ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・
安田裕希のパーソナルサポートレスン・
チームサポートレッスンのお問い合わせは下記まで↓
yukiyasuda08@gmail.com
https://yukiyasuda08.com/contact/
レッスン詳細↓
https://yukiyasuda08.com/lesson/
ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー
YukiYasudaSupportersclubの情報はこちら!
現在152名の方に支援いただいています!
https://yukiyasuda08.com/supporters-club/
ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー
(C) yukiyasuda08.com All rights reserved.

小さなこと

レギュラーシーズンも残り4試合となりました。

先々週までの好調とは裏腹に、先週は6連敗を喫してしまいました。

どの試合も僅差で、何か少しが変わっていればこちらのチームが勝っていた試合もあったように思います。

でもその”少し”が最終的には大きな違いとなって現れていきます。

”少し”にこだわりを持つことができなければ、最終的に大きなことを成し遂げることはできないと思っていて、それはこちらで過ごす日々で特に感じることです。

そんな小さいことを気にせずどかーんと勝つことももちろんあります。そしてそういったことも必要な場面もあるのは事実です。

でも必ず自分たちの思い通りにことが進まない展開になることはあって、その時にいかに普段から”小さい”ことに目を向けているかを問われるような気がします。

幸い5位のチームも先週は負け越したため、所属するピッツバーグ・ダイヤモンズのプレーオフ進出が決まりました。

レギュラーシーズンも含め、最後まで”小さな”ことにも目を向けて、結果を残し続けていたいと思います。

そしてプレーオフに入れば優勝の可能性はどのチームにもありますから、少しでもチームがいい方向に傾くように、チームの中で自分の役割を全うしたいと思います。

ちなみに先週ようやくどかーんとシーズン第1号を放つことができましたことをこちらでご報告いたします。笑

それでは。

ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・

安田裕希のパーソナルサポートレスン・

チームサポートレッスンのお問い合わせは下記まで↓

yukiyasuda08@gmail.com

https://yukiyasuda08.com/contact/

レッスン詳細↓

https://yukiyasuda08.com/lesson/

ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー

YukiYasudaSupportersclubの情報はこちら!

現在152名の方に支援いただいています!

https://yukiyasuda08.com/supporters-club/

ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー

(C) yukiyasuda08.com All rights reserved.

チームマネージ

所属するピッツバーグ・ダイヤモンズは先週の6連戦も4勝2敗と勝ち越し、開幕戦以来の勝率5割となりました。

残り10試合を残して、プレーオフ進出のマジックは3。
6チーム中4チームがプレーオフに進出し、上位チームのホームゲームで試合が行われる以外は特にアドバンテージはないため、下位チームでも優勝のチャンスがあるのがこのリーグの特徴の1つかもしれません。
事実、昨年所属したチームはシーズンをリーグレコードの圧倒的な勝利数で1位通過したものの、チャンピオンシップゲームで負けてしまいチャンピオンになることはできませんでした。ということで、どんな形であれまずは今年もプレーオフ進出を決めたいところです。

このリーグは80試合のゲームがあり、シーズンを通してチーム状況は常に変わっています。アメリカのプロ野球、特に独立リーグは選手の入れ替わりが激しく、今所属しているチームもこれまでの間に21人の選手がチームを去って行きました。他リーグに移籍した選手もいますし、残念ながら解雇になってしまった選手もいます。スプリングトレーニングから数えたら、50人以上がこのチームのユニフォームを着たことになります。
そして8月15日を持って、選手の入れ替えの期限となりました。基本的にはこの日にち以降の選手の入れ替えは認められていません(例外的な措置はあるようですが・・・)
今メンバー登録されている選手たちで最後のプレーオフまで戦うことになります。

アメリカのプロ野球では、監督のことを”マネージャー”と言います。試合中の采配だけではなく、特に独立リーグのカテゴリーではこうした選手の入れ替えや、個々の選手の状態などを把握して、チームを”manage”する必要があります。
選手の移籍は突然訪れます。そういったときのリスク管理も必要です。特に私たちの所属するような小さなリーグでは、その仕事も増えることになります。
だからこそ大変で、力量も大きく問われる仕事な訳ですが、ここ数年はその”監督”の仕事を近くで見させてもらい、勉強になることがたくさんあります。

この監督がどうチームを”manage”しているのか、という観点で相手チームや自チームを見ることが、まず僕にとって大きな勉強で、そんなことすら考えていなければ、同じ時間を過ごしていても、学べる量が変わってきます。
せっかく同じ時間を過ごすのであれば、1つでも多くのことを吸収できるに越したことはありません。

野球の世界に限らず”manage”する力というのは、これから行きていく上で大きく役に立つ1つの能力です。

だからこそ、選手として活動を続けている間にたくさんの能力を身に付けたいと思っています。

それではまた。

ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・

安田裕希のパーソナルサポートレスン・

チームサポートレッスンのお問い合わせは下記まで↓

yukiyasuda08@gmail.com

https://yukiyasuda08.com/contact/

レッスン詳細↓

https://yukiyasuda08.com/lesson/

ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー

YukiYasudaSupportersclubの情報はこちら!

現在152名の方に支援いただいています!

https://yukiyasuda08.com/supporters-club/

ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー

(C) yukiyasuda08.com All rights reserved.